あなたの波動に合わせたレメディの選び方をお伝えしています

ホメオパシーで分析する12月の美味しいもの

 
この記事を書いている人 - WRITER -
オーストラリアに18年暮らし、その中で自然療法に出会う。ホメオパシーを中心にさまざまな自然療法を学び、2005年に帰国、それ以来新潟、東京、福岡でサロンを展開、多くのクライアントさまや生徒さんとご縁を結びながら、健康のサポートを行なっている
詳しいプロフィールはこちら

波動を高めることで健康不安を取り除き、自由と時間を手に入れることができる
波動療法家(ホメオパス)の金澤ちかです

 

多くのクリスマスの食材が素晴らしいホメオパシーのレメディになっています

今日は、そんなクリスマスの美味しいものをホメオパシー的に解剖してみましょう!

 

Puddingの由来

 

私が子どもの頃は、クリスマスケーキといえば、イチゴの乗ったデコレーションケーキが主流でした

途中から、ブッシュドノエルという切り株を模したケーキがおしゃれなものとしてよく見かけるようになりました

そして、近年は、ドイツのクリスマスケーキ「シュトーレン」が人気ですね

国によって、キリスト教国でも伝統的なケーキは違います

イギリスは、プディングと呼ばれるケーキが主流です

私が長いこと住んだ「オーストラリア」でもプディングをよくスーパーやデパートで見かけました

みなさんもきっとよくご存知のクリスマスソング

「We wish your Merry Christmas」という曲の2番に次の歌詞が登場します

「We want some figgy pudding」

このfiggy puddingというのは、フィグ、つまりいちじくのプディングという意味です

プディングは、プリンの意味ですが、日本のプリントはまったく違います

英語で言うPuddingは、卵や牛乳、小麦粉、香辛料などの材料を使って蒸し固めた料理をまとめて指す言葉です

ただ、このケーキが「いちじくのケーキ」かというと、実は違って伝統的に甘くておいしいケーキのクリスマス料理を指すために使用されるキャッチーな用語で、多くの場合、蜂蜜、ナッツ、フルーツが入っています

たぶん、これらの12月のおいしいものを思いついた昔のパン屋さんは、お気に入りの食材に冬の癒しの特性があることを少し知っていました

同じおいしいものから作られた多くの素晴らしいホメオパシー・レメディがあるからです

ケーキに使われている材料をレメディ的に見ていくと「消化障害、疲労、皮膚症状 (デトックス) 」のテーマが全体に広がっていることに気付きます

この時期には確かによくある症状ですね!

 

クリスマス・プディングに使われている食材

 

 

Vanilla (Vanilla Planifolia) バニラ

 

蘭科の一部であるこのレメディは、ウルシに似た皮膚の炎症に役立ち、脳と性欲の刺激剤として働きます

 

Orange (Citrus Vulgaris) オレンジ

 

頻繁で我慢できないあくび、吐き気、嘔吐、めまいを伴う頭痛に役立ちます

 

Walnut (Juglans Regia) クルミ

 

このレメディーは、にきび、頭が宙に浮いているかのような錯乱や感覚、後頭部の鋭い痛み、皮膚の発疹などに役立ちます

 

Honey with Salt (Mel Cum Sale) ハニー・ウイズ・ソルト

 

 このレメディの最も特徴的な症状は、回腸から回腸までの下腹部全体の痛みの感覚です

 

Allspice (Pimenta) オールスパイス

 

このレメディーは、食欲を増進させ、「非常に傲慢なまでの食欲」と呼ばれ、体のさまざまな部分で同時にさまざまな熱さや冷たさを感じたり、片側の神経痛を引き起こしたりします.

 

Nutmeg (Nux Moschata) ナツメグ

 

このレメディーは、抑えきれない眠気、さらには失神の発作で知られており、膨満感や鼓腸性消化不良にも有用です.

 

Cinnamon (Cinnamonum Ceylanicum) シナモン

 

子宮出血、特に緊張した後の場合に有用であるこのレメディーは、鼓腸や下痢にも効果があり、血行不良の虚弱な患者に好都合であると報告されています

 

Ginger (Zingible Officinale) ジンジャー

 

このレメディーでは、胃が石のように重く感じ、時には大きなゴロゴロと風を伴い、しわがれ声にも役立ちます.

 

ミンスパイのレシピ

 

これらの具材の多くがミンスパイに使われているので、この季節の「いちじくプリン」として楽しめるレシピをご紹介します

 

材料

 

[ 中身]

•レーズン150g

• スグリ 150g

• 刻んだミックスピール 75g

• ブランデー 大さじ3

• すりおろした冷たいバター 150g

•ブラウンシュガー(黒砂糖) 125g

• 1 バニラのさや、種をこすり落としたもの

• ミックススパイス 小さじ1

• りんご 1 個:皮をむき、すりおろし、芯を取り除く

• オレンジ1個:香り付け

• レモン1個:香り付け

 

[ペストリー用]

• 350g/薄力粉と、打ち粉用の追加分

• 150g無塩バター:柔らかくし、立方体にカット

• ふるいにかけた粉砂糖 50g

• オレンジ 1 個:香り付け

•卵黄 2個

 

[つや出し]

 •卵 2 個

• 粗めの砂糖 50g

 

作り方

 

大きめのボウルに中身の材料を全て入れてよく混ぜます。 ラップで覆い、24時間放置します。

ペストリーの場合、小麦粉をボウルにふるい入れ、柔らかくしたバター、粉砂糖、オレンジの皮を加え、粗いパン粉のようになるまで手でそっと混ぜます

卵黄を混ぜ、大さじ2~3の水を加えて混ぜ合わせる。 ペストリーの柔らかいボールのようになるまで、ペストリーをそっと練る。 円盤状に平らにし、ラップで包み、冷蔵庫で 30 分間冷やします。

1。オーブンを 180C/160C に予熱します。

2。ミンスパイの深さに応じて、パンの型またはマフィンの型にバターを塗ります。 ペストリーの包みを解き、軽く打ち粉をした台の上で1ポンド硬貨の厚さまで伸ばします。 パンの型のサイズよりも少し大きくペストリー カッターで、ペストリーを 12 枚の円盤状に切り抜きます。 各型の底にペストリーを丸く押し込みます。 各ペストリーケースに中身を入れ、さらに12個のペストリーをカットします(今回は1サイズ小さくします)

3。ペストリーケースの縁に溶き卵を少し塗り、ふたを押して、フォークの端で端を押して密閉します。 蓋に溶き卵を塗り、小さなナイフまたは串を使って各パイの上部に切れ込みを入れます。 デメララ糖をふりかけ、トレイを冷蔵庫に30分間移します。

4。ミンスパイを 20 ~ 25 分間、またはきつね色になりカリカリになるまで焼きます。 ワイヤーラックに移して冷ましてから、ミンスパイを裏返してサーブします. 残った中身はスプーンで滅菌した瓶に入れ、密閉します。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
オーストラリアに18年暮らし、その中で自然療法に出会う。ホメオパシーを中心にさまざまな自然療法を学び、2005年に帰国、それ以来新潟、東京、福岡でサロンを展開、多くのクライアントさまや生徒さんとご縁を結びながら、健康のサポートを行なっている
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 波動療法で健康を作る , 2023 All Rights Reserved.