しあわせが貯まる健康のルーティン

春のデットクスはこれ7号食だ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ロータスホメオパシーセンター
オーストラリアに18年暮らし、その中で自然療法に出会う。ホメオパシーを中心にさまざまな自然療法を学び、2005年に帰国、それ以来新潟、東京、福岡でサロンを展開、多くのクライアントさまや生徒さんとご縁を結びながら、健康のサポートを行なっている
詳しいプロフィールはこちら

自然治癒力を高めることで健康不安を取り除き、自由と時間を手に入れることができる

 

ホメオパス(自然療法家)の金澤ちかです

 

春はデトックスする季節、ファスティングシーズンでもあります

 

このブログでもファスティングはいろいろご紹介していますが、今回は新しいものを試してみました

それは7号食と呼ばれる、マクロビオティックでよくされている食養生です

ファスティングといえば、普通は、「食べない」のですが、これは、ちょっと違います

 

7号食

 

 

7号食の詳細は、Googleでお調べいただくとして、私がどんな風にやって、どんな経過を経て、どんな結果になったかをここでは書きたいと思います

 

7号食を少しだけ説明すると、玄米だけをひたすら10日間食べます

 

食べるもの:玄米を一日3回

 

プラスして良いもの:ごま塩

 

 

基本この玄米とごま塩だけです

玄米は、1回200gくらいで3回食べます

これだけで我慢できなければ、梅干しと具のないお味噌汁は足しても良いと言われています

 

今までやったことのあるファスティングは、やはり空腹との戦い、そして冷えとの戦いでもありましたが、この7号食にはそれがほとんどないのです

 

ファスティングは、デトックス効果をメインにしていますが、副産物として「痩せ効果」があります

期待しないと言ったら、嘘になる!私もちょっぴり期待しました

 

では、次に経過を記して行こうと思います

 

7号食記録

 

 

1日目〜3日目

 

1日目は、特に変化なし

これなら楽勝かと安易に考える

 

2日目、頭痛が始まる

これは、ファスティングには付き物と言っても良い症状

甘いものやカフェインや添加物をどれくらい摂っていたかにも依りますが、出ない人はまずいないと思います

 

3日目の午後から、突然、体が上から押さえつけられているような重さを感じる

特に、頚椎のあたりが、どよ〜んと重たい、そして少し寒い

 

4日目〜7日目

 

4日目、朝の目覚めがすこぶる悪い

関節の痛み、まるで高熱の時のような感覚で思わず体温を測る

36.5度の平熱

だるさも頂点で、一度起きて朝ごはんをいただくも、また寝る

1時間ほど寝て目覚める

少し気分が良くなり、昼食を食べてから、気晴らしに散歩がてら近所のスタバにパソコンを持って行く

いざ、行こうとするとまた、体のだるさが出てきたのですが、外へ出た方が気分転換になると思い敢えて行く

スタバではコーヒーなど飲めないので、ハイビスカスティーを飲む

気晴らしになったので2時間ほど気持ちよくノマドワーカーなれる

 

5日目、頭痛と全身の倦怠感と節々の痛みはあるけれど、所用があって出かける

気分は優れず、体がかなり寒い

 

6日目、朝から整体の日なので出かける、整体を受けている間は、気分も良く、体の重さを感じないけれど、帰宅するとだるさ再び頭痛もだるさも痛みも戻ってくる、寒さはだんだん和らいでくる

 

7日目、朝起きると、久しぶりに気分がよく、だるさや節々の痛みもかなり軽減、ホッとする

が、しかし、午後になると再びだるさに襲われる

 

8日目〜10日目

 

8日目、朝起きると爽快!頭痛もだるさも吹っ飛んでいた

この爽快感が好きでファスティングやこういう食養生をしているのだと思う

 

9日目、引き続き快調、すこぶる元気

 

10日目、今日で終わりかと思うとちょっと残念、このまま永遠に続けられそうな勢いだけど、一旦は辞めてみる

なぜかというと、元に戻した時に、感じる体の変化がとても大切だから

辞めていた甘いものや肉やフルーツやカフェインを摂ったらどうなるかを知るのも大切なのです

そして、最終日になって気づいたのですが、全身のだるさや節々の痛みが消えるのと同時に、持病の坐骨神経痛が完全に消えていたのです

 

24時間痛みを感じていたけれど、死ぬわけではないし、歩けないこともないので薬を摂ることはありませんでした

正確にいうと、薬を摂ってもまったく効果がないから摂ってはいませんでしたが、食生活を10日間変えただけで、これだけの結果が出ることに驚きです

 

まとめ

 

 

結果からいうと、大満足です

ファスティングや食養生は、どういうものが向いているか向いていないかが人それぞれなので、ご自分に合うものを選ばれると良いと思います

 

私は、フルーツや生野菜を使ったファスティング、酵素ジュース系のファスティングは、空腹と寒さに堪えられません

 

今回の7号食は、その空腹と寒さがゼロではないけれど、かなり軽減されるので私にはぴったり合っていたようです

 

体重は、10日目の時点では、500gくらいの減少でしたが、その翌日から減り始めて、結局3k落ちたところで下げ止まりでした

 

終わってから体重が落ちるというのが不思議ですね

 

誰にでもおすすめかはわかりませんが、トライはぜひしてみ欲しいです

合わないと思ったら、途中で辞めれば良いのです

息子が一緒に始めましたが、5日でギブアップしましたが、体脂肪はすごく落ちたようです

私は、体脂肪はほとんど変わりませんでした

 

変化の出方も人それぞれですね

 

反省点を書くと、水をもっとたくさん飲むべきだったこと、かなり強めの運動(散歩程度ではなく)をするべきだったことです

 

その方が、体調の悪さが早く改善されると後から聞きました

次回からは、もっと水を飲み、がっつり運動します!

 

何れにしても、春と秋はデトックスに良い季節です

冬と夏の間に溜まった毒を出し切りましょう!


自然療法を使いこなすのは難しい?

自然療法へのお悩みは、

  • 自分にぴったりのものがわからない
  • 結果を出せない
  • 時間がかかる

この3つのお悩みを解決するべく、立ち上げたのが「自然療法サークル」です。

旬のネタを取り上げて、より日常で安心安全に自然療法を使いこなせるように毎月定期的に発信しています。環境にも人間の体にもやさしい自然療法を一緒に学んでみませんか?あなたの参加をお待ちしています

この記事を書いている人 - WRITER -
ロータスホメオパシーセンター
オーストラリアに18年暮らし、その中で自然療法に出会う。ホメオパシーを中心にさまざまな自然療法を学び、2005年に帰国、それ以来新潟、東京、福岡でサロンを展開、多くのクライアントさまや生徒さんとご縁を結びながら、健康のサポートを行なっている
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 自然療法の智慧袋 , 2021 All Rights Reserved.